6月, 2019年

第19回 感性学研究会

2019-06-28

第19回 感性学研究会
日時:2019年7月19日(金)15:00~16:30
場所:九州大学伊都キャンパス イーストゾーン1号館 A-118
https://www.psycho.hes.kyushu-u.ac.jp/~lab_miura/Kansei/east_map.pdf
共催:Psyc-Talks@QU

講演者:箱田裕司 先生(京都女子大学,九州大学名誉教授)
題目:「グローバル・ローカル処理はtraits かそれとも state か?」
要旨:Navon の言う、グローバル・ローカル処理という概念は、認知スタイルと同様にゲシュタルト心理学にルーツを持ちながら、前者は変動しうるモードとして、後者は個人に不変な特性と位置付けられている。ここでは両者の関係について、言語隠蔽効果、ロッドフレーム課題など様々な課題の研究を通して考える。

公開シンポジウム「才能とは何か」2019年8月10日開催

2019-06-16

公益社団法人日本心理学会 認定心理士の会 公開シンポジウム
才能とは何か〜科学が明かすパフォーマンスの秘密

ヒトがもつ優れた心的・身体的能力が何に由来するかを、心理学を含む科学的な視点から考えます。

2019年8月10日(土)13:30-17:00
〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街1−1 JR博多シティ会議室(10階) 大会議室
参加費無料・事前申込制 定員144名

企画 山口 裕幸(九州大学)・司会 光藤 宏行(九州大学)

13:30-14:30 生き物の見る世界 平松 千尋(九州大学)

14:30-15:30 運動時の選好ペース 増本 賢治(九州大学)

15:30-16:30 リーダーシップは才能か?それもと経験か? 池田 浩(九州大学)

参加申込方法
参加希望の方は、件名「8 .10公開シンポジウム参加希望」とし、氏名・メールアドレスを記入し、メールでjpa-ninnokai-event@psych.or.jpまでお申し込みください。認定心理士の方は、認定番号も書き添えてください。

問い合わせ先 公益社団法人日本心理学会事務局
電子メール jpa-ninnokai-event@psych.or.jp

共催 九州大学大学院人間環境学府

Copyright(c) 2011 Department of Psychology, School of Letters, Graduate School of Human-Environment Studies, Kyushu University. All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme